トップページ
入居者様へ
オーナー様へ
資産活用
よくある質問
スタッフ紹介
個人情報の取扱い
engage
アットホーム
アットホーム
不動産 ハトマークサイト
不動産 ハトマークサイト
不動産ジャパン
賃貸不動産管理業協会
定休日 水曜日
営業時間 午前9時〜午後6時
トップ > 資産活用

資産活用 成功する土地活用に欠かせないもの、それは確かな信頼関係です。平和システムでは、豊富な経験と幅広いノウハウを備えた担当者が、一貫してあなたの土地活用をお手伝いします。
 さらに当社の独自で培ってきた専門的なネットワークコンサルタント集団の公認会計士 税理士 不動産鑑定士 弁護士 司法書士 建築設計士を駆使し、土地活用の専門家として、末永く安心していただける資産運用を提案、サポートしています。

 土地活用とは、自分の所有している低利用地や未利用地を、現状よりも有効に活用することをいいます。土地活用の方法としては、大きく分けると、売る、土地のまま貸す、建物を建てて貸す、又は自己利用という4つが考えられます。土地活用法にはさまざまな方法がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、土地所有者の事情により最適な方法は異なってくるため、土地活用を考えるにあたっては、正しい知識を持った上で慎重に検討する必要があります。




4つのメリットデメリット
1. 長期安定収入
  「アパート経営」
 
投資額が低く、老後の安定収入や相続税対策に有効です。
市場の競争が激しくなっており、空室のリスクがあります。
  「マンション経営」
 
節税対策に大きな力を発揮します。土地を高度に活用できます。
長期活用のため、相続の分割や納税に不向きな場合もあります。

2. 収益向上
  医療・福祉施設」
 
需要が高まる傾向にあり、地域の社会貢献にもつながります。
高齢者への知識や介護の技術、運営のノウハウが必要です。
  「商業・業務施設」
 
土地の立地条件に合わせた最適な活用法が選べます。
景気の影響を受けやすく、途中解約の可能性もあります。

3. 相続税等の節税効果
  「定期借地」
 
借り入れが不要で、節税効果が高く、保証金も入ります。
10年以上の長期活用となり、他への転用ができません。
  「駐車場経営」
 
投資資金が少なく、他事業への転用や売却がスムーズです。
固定資産税が居住用の土地に比べ6倍と高くなります。
  「土地売却」
 
固定資産税等の税金や管理の手間から解放されます。
多額の税金が発生し、大きな節税効果が期待できません。
  「何もしない」
 
相続時の納税資金の原資として利用することが可能です。
農地の場合、相続に際し売却や物納ができないケースもあります。

4. 資産価値の向上
  「等価交換」
 
譲渡税が不要な場合もあり、無借金による経営も可能です。
建物の減価償却ができず、所得税・住民税負担が高いです。
  「共同分譲」
 
資産価値の高い街づくりができ、開発利益を享受できます。
宅地化の際の費用を立て替える必要がある場合もあります。